クレーター状になってしまったニキビ跡の治し方

ニキビの発症は人は肌を変容させてしまいますし、症状によっては痛みすら感じるもの。これを放置しておくと次第に損傷は拡大し、肌の深いところにまで影響が及んでしまいます。こうして破壊された箇所はニキビそのものが完治したとしても依然として修復されず、ニキビ跡としてしつこく残ってしまうことがあります。ひどいものだとクレーター状となり、それがずっと続くこととなります。

 

エクラシャルム

 

こういったクレーター状のニキビ跡は修復するのも一苦労です。

 

肌の新陳代謝の機能が衰えていることも考えられるので、再び肌細胞を活性化させコラーゲンを大量に分泌させる必要があります。その意味でも家庭内で自己ケアを続けてもなかなか効果が得られず、ニキビ跡を治し方としてはクリニックを受診してレーザー治療やケミカルピーリングなどを受ける必要があるでしょう。

 

レーザー治療

レーザー治療ではニキビ跡の部分にレーザーで小さな穴を空けて、皮膚表面に損傷を与えていきます。そうすることでこれまで衰えていた肌細胞の修復機能が再び活性化され、コラーゲンを大量に分泌する環境が整います。一時期はこの患部は薄く焦げたような状態のダウンタイムが続きますが、やがてそのかさぶたの下からはニキビ跡の薄まった新たな肌が生え変わっていくこととなります。

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、薬品をニキビ跡の残る患部に塗り、肌を薄く溶かしたような損傷状態を作り出します。これも原理的にはレーザー治療と似ており、意図的に肌を損傷させることで再生能力を高め、これまで滞っていた新陳代謝能力を最大限に引き出してあげる効果を持っています。こうしてかさぶたとなった皮膚の下からは新たな肌が生まれ変わってくることとなるのです。

レーザーもピーリングも、いずれも肌が極めてデリケートな状態に陥りますので、その間のしっかりとした保湿ケアが重要となります。保湿剤や乳液などで潤いを与えることでコラーゲンの分泌も進み、肌の再生能力もよりよく引き出されていくことでしょう。ニキビ跡の治し方としてはこういった細かなケアも大切となります。

 

そんな中、クレータ状のニキビもエクラシャルムを使い続けることで肌の凹凸がフラットになってきたという口コミが目立ちます。

 

美容皮膚科でのレーザー治療、ケミカルピーリングはコストがかかり、ダウンタイムもそれなりにある中、通常のスキンケアと変わらず洗顔後に塗るだけのエクラシャルムでニキビ跡が改善されるのであれば、費用も時間も抑えられますね。