ニキビは段階別に分かれる

エクラシャルム

 

白ニキビ

一般的に、皮脂が詰まった初期の段階の種類のものは全て白ニキビと呼ばれ、多くの人がこの段階でニキビができたことに気づきます。この種類のニキビは患部を清潔にすることや除菌することで自然治癒も可能ですし、ニキビ跡が残ることはまずありません。そのため、皮膚科を受診する方も少なく比較的早く治るのも特徴です。

 

黒ニキビ

次にその段階から症状が進み、内部に溜まった皮脂が表皮から顔を出すことによって、空気中の酸素により黒く酸化された状態になります。この特徴が出たものを黒ニキビと言います。この段階もまだ症状としては比較的軽度といえますので心配するレベルではありません。

 

赤ニキビ

そこから更に状態が悪化し炎症を起こしたものは赤ニキビと呼ばれる状態になります。この状態から跡が残りやすくなるという特徴があります。また、雑菌によって炎症を起こしている状態ですので爪で潰したり手で触ったりしないようにする必要があります。炎症を止めないと完治しないため、医療機関などでは抗生物質、ステロイドといった多少リスクのある医薬品を処方されることが多いです。この段階になると医療機関を受診する方が良いといえます。

 

黄ニキビ

そこから更に炎症が悪化して膿んで黄色くなっているものは黄ニキビと呼ばれます。ここまでくると症状は重症といえますので、可能な限り皮膚科を受診してください。この状態のものを潰してしまうと跡が残る確率が極めて高くなります。また膿がたまっていますので他の場所にも被害が移りやすく重症化する可能性が極めて高いレベルになってきます。

 

紫ニキビ

最後に炎症が極限まで悪化し、毛穴の中に膿と血が溜まって腫れあがっている状態を紫ニキビといいます。ここまで悪化してしまうと、治癒後も高い確率で跡が残ります。また、治療には皮膚の切開が必要となるケースもあり、大がかりなものになることもあります。

 

このように初期の段階であれば軽度なものでも段階が進むにつれて重症化するため初期対応が大切となります。

 

私のニキビ予防法はエクラシャルムです。エクラシャルムはできてしまったニキビの炎症を抑える効果も期待できますし、殺菌作用があるのでもちろ予防する力も絶大です。

 

私はエクラシャルムを使い始めてからニキビができにくくなりました。