初期段階でニキビの芯は出してしまおう

エクラシャルム

近年では、ストレスや乾燥などが原因となって、ニキビに悩まされている女性が急増しているようで、大人ニキビという言葉も頻繁に聞かれるようになってきました。大人ニキビには大人専用のスキンケアを使うことが大切で、若い肌向けのアクネケアをすると、改善するどころか、余計に悪化させてしまうこともあるので、必ず年代に応じた専用のアイテムを使うようにしましょう。

 

しかしいずれにしてもニキビは、毛穴に皮脂詰まりを起こしてしまっていることは共通の原因なので、この詰まりを取り出すことで綺麗に治せることもあります。

 

ニキビはできるだけ早い段階で治すことが、醜いニキビ痕を肌に残させないことにつながるので、初期の段階で正しい処置を行い、進行を食い止めることは美肌を守るうえでも重要です。

 

ニキビの初期段階、つまり、白ニキビや黒ニキビと呼ばれる段階では、詰まりであるニキビの芯を綺麗に出しきれば、それ以上ニキビが進行せず、開いた毛穴も閉じていきます。

 

ニキビの芯をいつまでも毛穴の中に残しておくと、それをえさとしてアクネ菌が繁殖し、炎症ニキビへと進行してしまいます。

 

先端が黄色く膿を持っていたり、赤く大きく地腫れして、痛みを伴うような状態になっていれば、この段階でニキビの芯を出すことは、皮膚の陥没を引き起こしてしまうので、絶対に避けなければなりません。

 

できるだけニキビ部分に触れず、潰さないようにして、皮膚科でニキビ治療を受けることをお勧めします。

 

白ニキビ、黒ニキビの段階であれば専用のアクネプッシャーを使えば、ニキビの芯を綺麗に絞り出すことが出来ます

しかし注意点があります。アクネプッシャーの使い方とアフターケアで、これを誤ると、毛穴からばい菌が入ってしまったり、色素沈着などを起こしてしまいます。ニキビの芯が、アクネプッシャーの先端の穴の中央に見えるようにして、均等に圧をかけ優しく押し出します。

 

器具の消毒はもちろん、芯を取り出した後の開いた毛穴を引き締め、傷薬などを付けてばい菌が入らないようにしておきましょう。

初期段階のニキビならエクラシャルムで沈静化

初期段階のニキビにすぐエクラシャルムを塗ってあげることで私はニキビがひどくなるのを防げています。

 

エクラシャルムに殺菌効果があるからだと思います。今までであれば、ニキビができたかも?という怪しいしこりなどがあった場合、膿ができるまでどうすることもできずお手上げでしたがエクラシャルムに出会ってからはニキビが出来にくくなったのはもとより、ニキビが出来てもひどくなるのを抑えることができてます。